FC2ブログ

お知らせとお詫び

当サイト管理人について

はじめまして、omuと申すものです。当サイトの画像の作成を担当していました。

さて、管理人の慧神奈緒ですが、心無い者の手によって、現在更新が出来ない状況下に置かれているようです。
焼け出されて一命は取りとめたという話を、人づてに耳にしましたが、詳しい話はまだよくわかっていません。 いずれ、本人の口から語られる日がくることを願っていますが、今のところそれがいつになるのかも不明です。
とりあえず、不定期にサイトを確認させていただいて、スパムコメントの整理だけを行わせていただきます。
作品を読んで下さっている方には、管理人に代わってお詫びさせていただきます。

敬具

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

第11章 交差点(6)

第11章 交差点( 6 )


しかし、そんな感慨も一瞬だった。

次の絵里香の言葉―――。

それは、打って変わって暗く沈んだ声で語られたのである。

「でもそれが間違いの始まりだった・・・・・・。私が彼に電話をしたせいで、三人の友人が死んでしまった。
 どうしてそうなったのは分からないけど、そうとしか考えられない」

「よく分からないけど――――それで君は内藤という男に会いにいったんだね」

「そう。私はパパ先生、いえ内藤雄一が犯人だと思ったから。でも――――
 午前中あなたと会ったとき、私気付いちゃったの・・・・・・。内藤雄一は少なくともひいちゃんを殺す動機がないことに」


ひいちゃんとは、瀬崎ひいろのことを差しているのだろう。

と、いうことは五年前の事件―――。

「犯人じゃない?」

「そう。犯人は内藤雄一じゃない」

 
絵里香がそう断言したところで、受話器の向こう―――。

彼女の後ろから、微かに玄関チャイムの鳴る音が聞こえたのだ。

その瞬間・・・・・・私は奇妙な胸騒ぎを覚えた。

「絵里香。今何処だ?さっき午前中、俺と会ったっていってたけど・・・・・・」

「今マンションよ。別れ話――――。ショックだったわ・・・・・・。ごめん。誰かきたみたい」

 
あの日である。それじゃ・・・・・・。

「絵里香。そこから逃げろ」
 
私は慌てて大声をあげた。

だが、彼女は携帯を耳から離している様だ。

トントンという彼女の足音と、ロックを外す音。そして―――――。

ドアが開かれたのだろう。外の雑踏がノイズとして響いてくる。

「絵里香。おい絵里香」
 
そう叫んでも、彼女の耳には届かない。
 
誰かと何か会話をしているようだ。

「ごめん。来客。そろそろ時間だし切るね」

「駄目だ!! 絵里香。駄目だ!!」

「五分―――。それが限界なの。メールするから・・・・・・そうだ。私と旅行した場所覚えてる?
 失くした彼はあなたが取り戻して・・・・・・。それが多分、事件を解く鍵だから。それから―――」


―――ブチンッ

そこで電話は途切れてしまった。


<第11章 交差点( 7 )につづく>



スポンサーサイト
▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

この記事のトラックバックURL

http://imagina.blog115.fc2.com/tb.php/106-cdffa725

コメント

お~♪
奈緒さん、おはようございます(^-^)ノ

最初の方の章に書いてあった、死んだ人と5分間だけ電話で話せるが…( ゚д゚)
まだ全部読めてないのに、思わず先を拝見してしまってます(^^;
がまんできなくって~(^^;ゞ
逆読みになってしまってますが、あ、これの伏線がこれだったのね~なんて後から解って邪道ですが楽しかったりします(*^。^*)ファブィ!
みぃち様・編集者3様
みぃち様
おはようございます。
実は、この小説どこから読んでも平気です(笑)
最終的には何度か読み直すと新しい発見が出来るように、作者の悪意がちらほらとちりばめられていたりします。
ので、お好きなように読んでいただけると幸いです^^
私としては読んでいただけるだけで、この上ないよろこびですので^^
どうぞこれからもよろしくおねがいしますね^^

編集者3様
当サイトでは、アダルトサイトへの勧誘はご遠慮おねがいいたします。
ですので、コメントのほうは隠しコメントにさせていただきました。
うーん、スリリングな展開ですね!!!

しかし、冷静に考えると、もし絵里香が助言を聞いて死なないとしたら過去が変化してしまう。うーむ。
もしかして、それは、事実はないが、記憶があることにつながるのかな!
ゾクゾクしてきました。
天野狂授、ポチッとな。
銀河系一朗様
ええ。
絵里香は多分そのことを危惧している節が見受けられますね。
わざと言葉をさえぎったり。
かなり核心をつくすばらしい推理です(笑)
さすが教授!!
応援ぽちありがとうございます。
絵里香のその後を次回で気になりつつ・・・ぽっちっと応援
 こんばんは。
 亡くした彼はあなたが取り戻して―――
 やはり引っ掛かる「私」ですが・・・・。
 この会話は大きな山場のようですね。今後の主人公に期待しましょうか。おやすみなさい。ポチです。
 今夜はなぜかすごく眠いです(笑)
Mr.様・紗羅の木様
すみません、ずっとネットワークの調子が悪くて、コメントがおそくなってしまいました。

Mr.様
絵里香のその後は・・・・・。
もう皆さんが知っている通りです^^
応援ポチありがとうございます

紗羅の木様
眠いときは、寝ちゃいましょう(爆)
私も、夜遅いときは寝ちゃって次の日がんばることにしてますし^^
鋭い!!
その言葉はかなりのキーポイントですw
しかし、もうちょっと解き明かされないかもです^^
応援ポチありがとうございます。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントをプレビューする?

Template Designed by DW99

フィードメーター - i 「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! track feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。