FC2ブログ

お知らせとお詫び

当サイト管理人について

はじめまして、omuと申すものです。当サイトの画像の作成を担当していました。

さて、管理人の慧神奈緒ですが、心無い者の手によって、現在更新が出来ない状況下に置かれているようです。
焼け出されて一命は取りとめたという話を、人づてに耳にしましたが、詳しい話はまだよくわかっていません。 いずれ、本人の口から語られる日がくることを願っていますが、今のところそれがいつになるのかも不明です。
とりあえず、不定期にサイトを確認させていただいて、スパムコメントの整理だけを行わせていただきます。
作品を読んで下さっている方には、管理人に代わってお詫びさせていただきます。

敬具

第11章 交差点(7)

第11章 交差点( 7 )



「お客様のお掛けになった電話は現在使われておりません。番号をご確認の上・・・・・・」

私はすぐさま絵里香の携帯に折り返し電話をかけたのだ。

しかし、何度かけ直しても機械的なアナウンスが聞こえてくるばかり。

まだ間に合う!!

私は居ても立ってもいられずに部屋を飛び出した。

彼女のマンションは鉄道で一駅と離れてはいない距離であったから、バイクを飛ばせばものの数分である。

マンションの入り口にバイクを止め、エントランスに駆け込む。

運良く宅配ピザの配達員がオートロックの前でどこかの部屋を呼び出しているところだった。

しかし―――。

一向に相手からの反応がない。

早くしてくれ!!

配達員は私の様子に気付いたのか、チラチラとこちらを伺いながらまた部屋番号を打ち込んだりしている。

クソ!!

私はエントランスを駆け出した。

マンションの裏手へまわり、ゴミ置場のドアノブに手を掛ける。

ガチッ―――。

予想どおりの手ごたえ。

昼間ならともかく、この時間では開いているはずがない。

しかし、私は躊躇しなかった。

人目もはばからず、ドアノブに足を掛けると鉄扉をよじ登り―――。

マンションの住人が出したゴミの上に飛び降りて非常階段を駆け上がったのだ。
 


ドンドンドンッ。

絵里香の部屋にはカギがかかっていた。

「絵里香!!絵里香!!」
 
そう叫びながら私はドアを力いっぱい叩いた。

何度も・・・・・・何度も。

しかし、中からは何の応答もない。
 
もう一度、「絵里香!!」と叫ぼうとしたその時、

「あの・・・・・・」

細く開いた隣のドアから初老の女性が顔をのぞかせている。

「お隣さん、先月お亡くなりになりましたけど・・・・・・」

その言葉に―――。

私はやっと我に返ったのである。

絵里香はもうとっくに死んでいるのだ。

女性は、呆然としている私の上から下までを舐めるような視線で見つめた後―――。

よほど私が不審に見えたのだろう。

おもむろにガチャンとドアを閉めたのだった。

真冬に、それも上着も羽織らず、薄手のシャツ一枚で一心不乱にドアを叩く男。

滑稽だった。

私はいったい何をしているんだろう。

私は声を上げて笑っていた。

後から後から溢れ出る涙をぬぐうことなく・・・・・・。

上を向いたまま・・・・・・ただ、笑った。



ビルに切り取られた東京の夜空が、申し訳なさそうに―――。

わずかばかりの星を抱えて佇んでいる。

そんな夜だった・・・・・・。


<第11章 交差点( 8 )につづく>



スポンサーサイト



▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

この記事のトラックバックURL

http://imagina.blog115.fc2.com/tb.php/107-8ee78686

コメント

これは徒労でしたが、実際にこういうことが起きたら、徒労とわかっていても走りますよね。

次の展開やいかに。
ポチッと。
銀河系一朗様
そうかもしれません。
過去と現在がごちゃ混ぜになっていますから。
主人公でなくても混乱してしまいますよね(笑)
いつも応援ポチありがとうございます。
これは痛々しい場面ですね。
我に返った瞬間の気持ちを考えると……。
うーん、泣けます。
ポチッとな。
 こんばんは。
 こちらも調子悪くて困っているところでした。管理画面にどうしたって入れないので、原稿も一行も書けてません(笑) たまにこういうことが起こりますねぇ。でも今夜のはちょっと激しかった―――
 明日は初のお休みになるかも、です。
 主人公、錯乱しましたか――
 イチコもですが、こちらも混沌としてきてますね。謎です。振り回されてま~す。
 おやすみなさい。ポチです。
 
切ないですね。
星空も寂しさを助長している。そんな空気感が、読み手の私にも辛さを感じさせてしまいます。

ファブィ。
安憧夏様・紗羅の木様・たろすけ(すけピン)様
安憧夏様
主人公があんまりぱっとしないもんだから・・・・・ちょっと感情移入できそうな場面を作ってみました(笑)
すこしでも何かを感じていただけたら幸いです。
応援ぽちありがとです~。

紗羅の木様
あら・・・・うちはまだADSLなんですけど、どうやら問題は室外灯の電球が切れたことが原因でしたw
電線と電話線が丁度同じ経路になるところにある室外灯だから影響が出ていた模様。ADSL恐るべし(笑)
もし、入れないようなら本日はゆっくりおやすみくださいね^^
ポチありがとうございます。

たろすけ(すけピン)様
そういっていただけると、書き手としては幸せいっぱいです^^
ファヴィありがとうございます。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントをプレビューする?

Template Designed by DW99

フィードメーター - i 「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! track feed