FC2ブログ

お知らせとお詫び

当サイト管理人について

はじめまして、omuと申すものです。当サイトの画像の作成を担当していました。

さて、管理人の慧神奈緒ですが、心無い者の手によって、現在更新が出来ない状況下に置かれているようです。
焼け出されて一命は取りとめたという話を、人づてに耳にしましたが、詳しい話はまだよくわかっていません。 いずれ、本人の口から語られる日がくることを願っていますが、今のところそれがいつになるのかも不明です。
とりあえず、不定期にサイトを確認させていただいて、スパムコメントの整理だけを行わせていただきます。
作品を読んで下さっている方には、管理人に代わってお詫びさせていただきます。

敬具

第12章 点と線(10)

第12章 点と線( 10 )


仁という名前を聞いて、私はすぐに早坂のことが頭に浮かんだ。

しかし、彼からそんな話を聞いたことは一度もない。

まあ、成人後に知り合った友人との会話の中で、子供の頃の話題が出てくるのはごく稀な事であろう。

早坂と絵里香の出会いの中で、彼女は涙を流しながら、同じ名前の友人がいたと語ったのだから・・・・・・。

もし早坂が昔の友人であるなら、その時に打ち明けた筈である。

同じ名前の人間なんて世の中に五万といるさ―――。

私は自分にそう言い聞かせて、話の続きに耳を傾けた。

「田代夫妻が子供の面倒を?」

「そうだに」
 
瀬崎は仁と亮介とういう二人の少年について尋ねる。

「二人とも元気がいいぼこだったずら。確か小学校の五年生。よく近所の悪餓鬼共が、小さい子をいじめてなぁ・・・・・・。
 二人っきりで大勢とやりあうことも多かったに」

 
渡邊はニコニコしながら話している。

当時五年生ということは、今は三十に手が届くぐらいの年齢―――。

たしか早坂もそのくらいである。

「二人の所在はわかりますか?」

「一人は確か、親類に引き取られたと風の便りで聞いたに。もう一人の方は―――まぁづおやげねぇ・・・・・・」
 
渡邊がそこまで話したときに、瀬崎の携帯が鳴り出した。

「失礼」といって、瀬崎は電話に出る。

「もしもし・・・・・・そうか・・・・・・ああ・・・・・・いや、何か分かったら連絡する。ああ・・・・・。それより」

瀬崎はこちらに背を向けて少し離れると、急に小声でなにかを話しはじめた。

私はその会話に聞き耳を立ててみたのだが・・・・・・・。

「・・・・・・早坂・・・・・・・切るぞ」

辛うじて"早坂"という言葉が聞き取れただけてあった。

電話を切った瀬崎はしばらく何かを考えている様子だったが、

「早坂の意識がさっき回復した。精密検査の結果次第だが、退院はそう先のことでもないだろう」
 
と、言ったのだった。

「良かった」
 
私は正直にそう言って瀬崎を見たのだが、その表情はどこか硬い。

「渡邊さん、教会に案内していただけませんか?話の続きは途中の車の中ででも」

「ええ、かまわねえだによ」

 
よっこらせっと渡邊は立ち上がって、

「宿屋の手配、適当にすませといくれ」

と、若い刑事に声をかけた。

私は先ほどの電話の内容が気になって、先を行く瀬崎に声をかけようとしたのだが―――。

その丸い背中から漂う雰囲気に、出かかった言葉を飲み込んだのだった。


<第12章 点と線( 11 )につづく>



スポンサーサイト



▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

この記事のトラックバックURL

http://imagina.blog115.fc2.com/tb.php/120-5a468a21

コメント

奈緒さん、おはようございます(^-^)ノ

同名の「仁」って気になっていたんですよ~( ゚д゚)
同じ名前をつけるということは…なにかあるんではと思っていたのですが、やっぱり!
続きが楽しみです~(*゚∀゚*)σファブィ!
今日の気になる、は、
瀬崎が急に小声でなにかを話し始めたところ。
瞬間気になる率24.7%でした。

まさか、早坂に怪しいところがあるとみてるのか……。
ポチッと。
同名の仁・・・気になりますね。仁の仁のはどういう意味が・・・・・
怪しい人物ばかりの超展開。展開が気になります。
応援ぽっちと
みぃち様・銀河系一朗様・Mr.様
みぃち様
ええ~。ただこの場合あくまでも主人公の主観がまじっていますから・・・・。
ただ瀬崎もちょっと何か思うところがあるみたいですね^^
果たして作者の意図はどこにあるのか(笑)
ファヴィありがとうございます。

銀河系一朗様
気になるところですよね。
まあ、警察官になるには、家族から親族にいたるまで、かなり念入りに調査が入ります。
もし犯罪者がいた場合には、警察官にはなれません。
その調査書を調べて欲しいといったのかもしれませんね~。
違うかもしれませんけど(笑)
少なからず"私"と同じ疑問を持ったことは確かかもしれません。
ぽちありがとです~

Mr.様
そろそろ大体のキャストがそろってきましたから、あと数話で犯人が分かる人が出てくるかもしれません(笑)
応援ポチありがとうございます。
仁さん意識戻って良かったですww
おっと、やっぱり仁さんとはあの仁だったのでしょうか!?
気になってたんですよね♪

方言の回答のほうコメントに書いておきましたので、答え合わせしてみてくださいねww応援ぽちっ
鳳鈴桜華様
この辺りもうひとひねりあるかもですよ。
まだなんともいえませんが(笑)

方言3番残念でした^^まさか"拾う"だったとは。
方言はホントに難しいですよね^^
応援ぽちっとありがとうございます。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントをプレビューする?

Template Designed by DW99

フィードメーター - i 「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! track feed