FC2ブログ

お知らせとお詫び

当サイト管理人について

はじめまして、omuと申すものです。当サイトの画像の作成を担当していました。

さて、管理人の慧神奈緒ですが、心無い者の手によって、現在更新が出来ない状況下に置かれているようです。
焼け出されて一命は取りとめたという話を、人づてに耳にしましたが、詳しい話はまだよくわかっていません。 いずれ、本人の口から語られる日がくることを願っていますが、今のところそれがいつになるのかも不明です。
とりあえず、不定期にサイトを確認させていただいて、スパムコメントの整理だけを行わせていただきます。
作品を読んで下さっている方には、管理人に代わってお詫びさせていただきます。

敬具

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

第13章 疑惑(3)

第13章 疑惑( 3 )


「こんな物しかお出しできなくて申し訳ありません」
 
そう言って、宿の主人は頭を下げる。

「いや。十分です」
 
瀬崎はすでに魚の干物に手をつけている。

「ご連絡が早く頂ければ、もうちょっと気の利いた物をお出しできたんですが・・・・・・。
 なにしろ、この季節はお客様も少ないので、ご予約を受けてから仕入れをするものですから」

 
主人はもう一度だけ頭を下げて、奥へと下がっていった。
 
旅館というよりも、民宿といった佇まいの宿には、なるほど―――。私達のほかには客の姿は見当たらない。
 
主人の姿が消えたのを見計らって、私は思い切って先ほどの渡邊とのやり取りについて尋ねてみた。

瀬崎は、

「どこでもあんなもんだ」

と、ずずずと味噌汁をすする。

「警察にはな。見えない境界線がある―――」

「境界線?」

「ああ。例えば―――」

 
瀬崎は皿の上に二枚の漬物を並べながら、

「隣り合う二つの県で、殺人事件が起こったとする。殺害の手口は異なるが、被害者の衣服からボタンが一つだけ消えていた。両方とも上から二番目のボタンだった。
 この場合、警察は連続殺人事件として捜査すると思うか?」


「ええ」

「答えはノーだ」
 
私の驚いた顔に、構わずに瀬崎は続ける。

「そもそも、それぞれの殺人事件の情報すら、伝わらない」

「同じ警察なのに?」

「ああ、他県と情報を共有するシステムすら整っていないんだ」

 
瀬崎は、箸で漬物を刺して口にほおばる。

「更に警察庁と警視庁、本庁と所轄。そして交通課から刑事課にいたるまで―――。
 あちこちに境界線が引かれてるんだ。面子だの縄張りだのとな・・・・・・。
 被害者にとっては、そんなものクソくらえだ」


憎憎しげに吐き出して瀬崎は酒をあおった。

「・・・・・つまりな。他県から刑事が、それも自分で事故として処理した事件を捜査しにやって来たとしたら、あの渡邊という男でなくともいい顔はせんと。
 まあ、そういう話だ」

 
私は空いた瀬崎のグラスに、

「警察もいろいろと大変なんですね」
 
と、酒を注ぐ。

瀬崎は「まあな・・・・・・」と、ぐいっとそれを飲み干してから、

「ただ俺は―――俺の事件を追うだけさ」
 
と少し寂しげに呟いたのだった。


<第13章 疑惑( 4 )につづく>



スポンサーサイト
▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

この記事のトラックバックURL

http://imagina.blog115.fc2.com/tb.php/127-747a92cb

コメント

奈緒さん、おはようございます(^-^)ノ

あの渡邊さんの表情はそれのせいだったのですね~。
実は事件に絡んでるんじゃ…なんて、かってに悪役を想像してました(^^;ゞ
よくドラマでもその境界線の事がセリフに出て来ますが、本当にそうなんですかぁ…。
被害者にとってはいい迷惑ですよね(;.;)
今晩も楽しみにしてます(*^。^*)σファブィ!
これを読んだら
これを読んだら、お腹がすいてきました~。
「あ、やっぱりおまえ、ずれてるからコメントするな」って感じだなあ・・。
奈緒さんの表現力がリアルだったってことで。

他の方のコメント読んで、「おお、なるほど~」と続きを想像するほど、想像力のない私ですが、いつも応援してますからね~!
前回の意図も読めました。
なるほど警察はこんなことを抱えているのですか。線を警察同士で持っているものなんですね・・・。
被害者にはドンマイですね。
味噌汁の効果音いいですね。
応援ぽっちと
みぃち様・ナッツ様・Mr.様
みぃち様
この問題は、奈良で起こった少女誘拐殺人事件によって公に露呈しました。
この容疑者は、大阪府で過去、強制わいせつ罪と、殺人未遂容疑で2度逮捕されたに関わらず、奈良県警はこの情報を一切得られていなかったんです。
これにより警察機構の情報の共有化の不備が指摘されることとなりました。
確か3年程前ですね。
果たして、現在でも情報の共有化がなされているのか。
はなはだ疑問であります。
応援ファヴィありがとうございます。

ナッツ様
いえいえ~。コメントいただけるだけでうれしいので^^
感じたままを書いていただければ^^
なかなか完結しないお話ですが・・・・・。
どうぞ今後とも足を運んでいただけるようがんばらせていただきます^^
応援ありがとうございます^^

Mr.様
ええ。組織自体の問題もさることながら、中の人間の心にも境界線があるんですよね~。
厄介です。
ちょっと漫画チックですよね(笑) ずずずってw
応援ポチありがとうございます。
 おはようございます。
 久し振りに書き込みに挑戦☆
 瀬崎さん、箸で漬物を刺す? お行儀の悪い(笑) 思い切り現場専門の刑事の日常風景ですね。
 なかなか知りたいことに辿りつけませんな。
 瀬崎さん、一発カマシを入れろって言いたい(笑)
 応援ポチです。
 
 
 
 
紗羅の木様
さすがに万年巡査長って言うところでしょうか(笑)

でも、なかなか核心を話たがらない瀬崎さんですが、
この物語もそう長くない予感がするので、そろそろ活発に動いていただきますw

応援ポチありがとうございます。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントをプレビューする?

Template Designed by DW99

フィードメーター - i 「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! track feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。