FC2ブログ

お知らせとお詫び

当サイト管理人について

はじめまして、omuと申すものです。当サイトの画像の作成を担当していました。

さて、管理人の慧神奈緒ですが、心無い者の手によって、現在更新が出来ない状況下に置かれているようです。
焼け出されて一命は取りとめたという話を、人づてに耳にしましたが、詳しい話はまだよくわかっていません。 いずれ、本人の口から語られる日がくることを願っていますが、今のところそれがいつになるのかも不明です。
とりあえず、不定期にサイトを確認させていただいて、スパムコメントの整理だけを行わせていただきます。
作品を読んで下さっている方には、管理人に代わってお詫びさせていただきます。

敬具

第13章 疑惑(4)

第13章 疑惑( 4 )


「あの・・・・・・教会で聞きそびれてしまったんですけど―――」

私は、酒のせいか随分饒舌になった瀬崎に、先刻教会で途切れてしまった会話の続きを振って見ることにしたのだ。

「ん?ああ・・・・・・まだなんとも言えん。事故現場の詳しい状況を聞かんことにはな。
―――どれも推論の域を出んよ」


私は思わず語気を強める。

「それでも構いません。聞かせてもらえませんか?」

「どうした? らしくないな・・・・・・。最初はこっちに来る事すら渋ってたくせに」
 
そう言われて言葉に詰まった。
 
私はそれに見合うような明確な答えを持っていなかったのだ。

ただ・・・・・なんとなく。

そう―――。

「なんとなく、聞いておかなくちゃいけないような気がして・・・・・・。
 それに明日は朝一で東京に戻ろうと思ってるんです。絵里香と旅行した場所は全部廻りましたし―――。
早坂の見舞いにも行こうと思ってまして」


瀬崎は手酌の酒を飲み干すと、

「そうか・・・・・・まあ、減るもんじゃないしな」
 
と、とっくりを未練がましくひっくり返したのだった。




「さて―――教会で話したのはあくまで過去の事故と君島絵里香達の口癖を照らし合わせた場合の見解だ。もちろん内藤が犯人だと仮定した上でのな」
 
腰壁を背もたれにして、瀬崎は人差し指を立てる。

「はい」

「だが、その計画が成功する確率なんてのはどのくらいだと思う? 二割・・・・・・高くても三割だろう。
 なら、今度はその逆を考えて見る必要性が出てくる。
もし―――この計画が失敗するとしたらどの時点だと思う?」

 
そう、言って瀬崎は二本目の指を立てた。

私は想像を膨らますように瞳を閉じる。

少年達が落下し、電話がかからず、病院まで車で送ることになったのだから・・・・・。

私はパッと目を見開いて、

「少年達がベランダに上らなかった場合」
 
と、答えた。

「うむ・・・・・・。それから少年達ではなく、田代絹江がベランダから落ちて死ななかった場合もそうだ。
 前者なら何事も起こらず、後者なら少年達が近くの民家に駆け込むか、帰宅した内藤が絹江を病院に搬送するかだろう」


私が頷くのを確認しながら、瀬崎はポケットからタバコを取り出し、

「さて、ここで問題が出てくる。軽自動車は内藤自身が乗らなければいい話だが―――。
 切れた電話線はそうはいかない」


二本の指に挟むと火をつけた。
 
私はその言葉に思わず―――、

「まさか・・・・・」

と、大きな声を上げてしまったのだ。

宿の主人が驚いて、襖の奥から顔を覗かせたのは・・・・・・言うまでもない。


<第13章 疑惑( 5 )につづく>



スポンサーサイト



▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

この記事のトラックバックURL

http://imagina.blog115.fc2.com/tb.php/128-a5d0e2ff

コメント

面白いと思います!頑張ってください!!!(*^_^*)
奈緒さん、おはようございます(^-^)ノ

…ということはやっぱり…ええ?!でも…う~ん?
続きがすごく気になります~!
今日は今からUP…とかはないですよね?(>_<)
うう、今晩まで我慢で待ちま~す(ノ_<。)σファブィ!
今の小学生は、入学時に名前を書けない子は、少ないそうです。ココのお友達も早い子は漢字が書けます。ココの幼稚園はお勉強幼稚園ではないのですが、お受験幼稚園などでは、掛け算や俳句、作文もできるそうですよ~。昔とは違いますね!

早くから、ひらがなや漢字が書けたからといって、奈緒さんのような文章が書けるようになるとは限らないでしょうけど。
それでは、N管理官どの、
本当に子供が、おそらく絵里香が催眠暗示にかかり電話線を切ってしまったという線が出てくるんですか?

ところで、N管理官の描く瀬崎のしぐさに生活反応が出てますよ。
こりゃあ、身近にとっくりをひっくり返して、手のひらにとんとんと打ちつけ、
そこについた酒をなめるオッサンがいるのか。 ←そこまでは書いてないが(笑)
ポチッと。


仮定の話ということは、犯人と決まったわけじゃないということですか。
しかし、成功する確率のほうが低い方を犯人が選びますかね・・・。う~ん悩みの種だ・・・。

なぜ、ベランダを・・・。う~ん謎は深まります。
応援ポッチと
アクセサリー様・みぃち様・ナッツ様・銀河系一朗様・Mr.様
アクセサリー様
励ましの言葉ありがとうございます^^
完結できるようにがんばらせていただきます。

みぃち様
うふふふ。まだ一行も書いてません(笑)
大体0時くらいから2時くらいに書いてアップするというところでしょうか。
そのくらいにならないと、オコタでのんびりノートPC広げられないんですよね^^
今夜。ちょこっとだけ、謎はとけるかも!?
ファヴィありがとうございます。

ナッツ様
うわ~。そうなんですか・・・・・・。
今の子供たちって大変なんですね~。
いえいえ・・・・・私はどちらかと言えば理系だったので・・・・・。
文章はまだまだ勉強中でございます。

銀河系一朗様
まあ・・・・・。そこは「話しても減るもんじゃない」という言葉にかけたというか、そんな感じですね。
酒は飲んだらなくなるという(笑)
まあ、結構のんべえの人はなごり惜しそうに、コップの上でトックリ逆さに振っているイメージがあったもので(笑)
絵里香の言葉を信じれば・・・・・・何もやってないのでしょうけど・・・・・・。
応援ポチありがとうございます。

Mr.様
う~ん。でも瀬崎は、内藤が犯人だと決め付けている節がみえますよね。
ならそうなのか・・・・・そして・・・・・・・内藤を殺した、阿久津亮介とは・・・・・・・。誰!?
応援ポチありがとうございます。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントをプレビューする?

Template Designed by DW99

フィードメーター - i 「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! track feed