FC2ブログ

お知らせとお詫び

当サイト管理人について

はじめまして、omuと申すものです。当サイトの画像の作成を担当していました。

さて、管理人の慧神奈緒ですが、心無い者の手によって、現在更新が出来ない状況下に置かれているようです。
焼け出されて一命は取りとめたという話を、人づてに耳にしましたが、詳しい話はまだよくわかっていません。 いずれ、本人の口から語られる日がくることを願っていますが、今のところそれがいつになるのかも不明です。
とりあえず、不定期にサイトを確認させていただいて、スパムコメントの整理だけを行わせていただきます。
作品を読んで下さっている方には、管理人に代わってお詫びさせていただきます。

敬具

第14章 粉雪(4)

第14章 粉雪( 4 )


「最近の歌手は、知らない名前ばかりだな・・・・・・」
 
私はラジオから聞こえてくる音楽に、ぼそりと文句をつける。

最寄の喫茶店で三十分程時間をつぶした私は、先ほど早坂と別れた場所に車を戻すと―――。

少し倒したシートに寄りかかりながら、時折ラジオのチャンネルをガチガチと変えていた。
 
時刻はもう五時を廻り、辺りはずいぶんと暗くなっている。

私は何度も体を起こしては、早坂が教会の敷地から出てこないかと目を凝らしてみるのだが、一向にその気配はなく―――。

結局、たいして興味のない歌手の歌をもう何曲も聞いているのである。

この曲が終わったら様子を見に行ってみるか・・・・・・。
 
いい加減この状況に飽きてきて、私がそう思い立った時だった。
 
首に吊るしていた携帯が着信を知らせたのである。

「今、何処にいる」
 
唐突に耳元に投げかけられた言葉。

こんな電話をよこすのは、もちろん―――。

言うまでもなく瀬崎である。

私がラジオのスイッチを切りながら、大まかな場所を答えると、

「事件現場か・・・・・・・」
 
と、瀬崎は少しくぐもった声をもらす。

「事件現場?」
 
私は瀬崎の言葉の意味が分からずにそう聞き返したのだが、

「いや―――それより早坂も一緒なのか?」
 
と、質問に質問をぶつけてきたのである。





「一時間ほど前までは―――。ただ、今は懐かしい人に会いに行くとかで、近くの教会に行ってます」
 
私はその前の瀬崎の言葉が気になりながらも、そう答えると、

「そうか―――無事か」
 
瀬崎には珍しく深くため息をついたのだ。

「何かあったんですか?」
 
私はこの時、何処となく瀬崎の様子に違和感を感じていた。

なんだかそっけないというか―――。

もちろん、いつも粗暴な印象を受ける物言いだが、それでいてどこか温かみを感じるのが、瀬崎の憎めない所である。

しかし今の瀬崎の言葉からはまるで、突き放すような―――。

そんな印象を受けたのである。

「ところで――」
 
瀬崎はまるで、私の言葉が耳に入らないとでもいうかようにそう区切った後、低い―――。

それでいて、力のこもった声で言ったのだった。

「阿久津亮介」


<第14章 粉雪( 5 )につづく>



スポンサーサイト



▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

この記事のトラックバックURL

http://imagina.blog115.fc2.com/tb.php/144-d3021246

コメント

おはようございます!
今日も楽しく読ませていただきました。”瀬崎の声”が耳に残っているような感じです。続きが楽しみ~!
コメントもいつもありがとうございます。こうちゃんのおじいちゃん、ホントに髪黒く染めてきたらまた報告します~。(笑)
奈緒さん、こんにちわ\(●´∀`●)/
なかなかコメント出来ず本当にすいません・・・

あれあれ??『私』の正体は『阿久津亮介』!!??
瀬崎さんの電話、なんだか気になることばかりです。。。う~ん
応援ぽちっ
奈緒さん、こんにちは(^-^)ノ

おぉ!ここで「私」がなんと答えるかが…。
でもきっと奈緒さんは場面を切り替えてじらしてくれるんでしょうね~(≧▽≦)
それとも今回はすんなり?!
そうそう、同じ記事が2個UPになってますね(^^;
新しい方にコメントつけました(^^)σファブィ!
最近の歌を覚えれないのは、人間味と性格・年齢など考えさせるいい表現ですね、若い(?)はずのボクでさえ最近の曲は・・・え?ボクだけですか?

さあ、ここから何が起こるのでしょうか?血か涙か・・・。教会でなにが?
瀬崎さんの電話の続きは。

次回に期待ってことで処理
応援ポッチと
ナッツ様・鳳鈴桜華様・みぃち様・Mr.様
ナッツ様
ふふふふ。そしたらこうちゃんのおじいちゃん若返って、ココちゃんが誰だかわからないかも(笑)
こちらこそいつもコメントありがとうございます。

鳳鈴桜華様
ええ^^13章の13話以降でそのお話が出てきてますね^^
湖に浮かんでいる少年を、宇賀神夫妻が助けて、自分の子供を育てるくだりです。
"私"が瀬崎と、電車の中で話すシーンで、これと同じような話をしていますが・・・・・。
ちょっとわかりにくかったかも・・・・・。
応援ポチありがとうございます。

みぃち様
ご指摘ありがとうございます。
何故同じ記事が2個アップされてるしまったのかは・・・・不明です(笑)
早速、消させていただきました。
ええ、私の性格をよく知っていらっしゃる(笑)
場面は切り替わりませんが、あたらずも遠からずですw
応援ファヴィありがとうございます。

Mr.様
ええ。最近なんだか、やたらアーティストが多くないですか!?
そして、覚えたとたん、どっかにいってしまう・・・・・・。
なんだかな~。私が思っていたことを、主人公に代弁していただきました(笑)
応援ポチありがとうございます^^
「最近の歌手は、知らない名前ばかりだな」
この台詞が出たら年ですよね、はあ。

懐かしい人はまだ秘密みたいですね。
応援ポチッと。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントをプレビューする?

Template Designed by DW99

フィードメーター - i 「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! track feed