FC2ブログ

お知らせとお詫び

当サイト管理人について

はじめまして、omuと申すものです。当サイトの画像の作成を担当していました。

さて、管理人の慧神奈緒ですが、心無い者の手によって、現在更新が出来ない状況下に置かれているようです。
焼け出されて一命は取りとめたという話を、人づてに耳にしましたが、詳しい話はまだよくわかっていません。 いずれ、本人の口から語られる日がくることを願っていますが、今のところそれがいつになるのかも不明です。
とりあえず、不定期にサイトを確認させていただいて、スパムコメントの整理だけを行わせていただきます。
作品を読んで下さっている方には、管理人に代わってお詫びさせていただきます。

敬具

第14章 粉雪(24)

第14章 粉雪( 24 )


ちらりと左方向、道路境界側に目をやった亮介は、次の瞬間―――。

猛然と走りだした。

二十メートル先にはパラペットが立ち上がっており、さらにその先には―――。

もう地面はない。

四十メートル下方に冷たいアスファルトが横たわっているだけ・・・・・・。

今まで警戒を怠らなかった瀬崎の、一瞬の隙を亮介は見逃さなかったのである。




数歩遅れて―――瀬崎も走り出した。

幸い、亮介よりも瀬崎の方が道路側に近い立ち位置に移動していたこともあり、二人の差はほとんど無い。

だが、まっすぐそこを目指す亮介とは違い―――。

瀬崎の標的は亮介である。

彼を目指して対角線に走らなくてはならない。

瞬時に分の悪さを感じ取ったものの―――。

いまさら何を言っても始まらない。

病み上がりの亮介の体に比べれば、老体の方がまだましだと腹をくくって―――。
 
瀬崎は、夜を一気に駆け抜ける。

階段を駆け上がって体が温まっていたせいなのかは定かではないが・・・・・・・。

思いのほか、スピードに乗った瀬崎の体は―――。

あっという間のに亮介の背後を捉えたのである。

 


瀬崎は低い姿勢から、亮介の腰を抱きかかえて―――。

払うように左へ飛んだ。

パラペットの手前で、もつれ合うように倒れ込む二人。

亮介はなおも立ち上がろうとするが―――。

瀬崎もそれを見逃さない。

左手で中腰の亮介の左肩を掴み、その腕に自身の右腕を絡ませる。

そのまま立ち上がり、体重をかけて組みしこうとした瞬間―――。

亮介は飛んだのである。

もちろん、瀬崎が左腕抑えている状態のまま。

空中に投げ出された体は、左腕を基点にぐるりと半時計廻りに回転し―――。

それでもパラペットをゆうに超えて、向こう側に落ちてゆこうとする。

瀬崎も、亮介に引っ張られる形で前のめりに倒れ込み―――。

「ぐっ」
 
しこたま両膝を屋上の床に打ち付けた。

そのまま―――慣性で引きずられた瀬崎は、

「うっ」
 
今度は亮介と共に、苦痛の表情を浮かべたのだった。




「簡単に死なせると思ったか!!」

二人はパラペットを挟んで対峙していた。

辛うじて左腕一本だけを屋上に残し―――。

亮介の体はブラブラとビル風にふかれていた。

もちろん、その左腕を掴んでいるのは瀬崎である。

絡ませた右腕と肩を掴んだ左手に力を込めて、瀬崎は苦痛の表情を浮かべていた。

「何故・・・・・・わかったんです」
 
先ほどの衝撃で左肩をいためたのだろう。 

亮介も顔を歪めて呟いた。

「喋ってるひまがあったら・・・・・・・早く右腕をかけろ」

「こういう場合、はじめに力尽きて手を離すのは上で支えているほうなんですよ」

 
瀬崎は顔を真っ赤にしながら、パラペットに足をかけて、

「知ってる。だからだ。早くしろ!!」

話す体力が惜しいと言わんばかりに歯を食いしばっている。

「僕はあなたの力が尽きるのを、ただ待てばいい―――。
 それより、何故飛び降りると?」


一向に右腕をパラペットにかける気配すらない亮介に、

「お前はこう言った。
 屋上にでも連れ出せれば・・・・・・あとは出入り口を固めるだけ・・・・・・だと。
つまり、ここに逃げ道はない。
逆を言えば・・・・・・はじめから逃げるつもりなど無いということだ。
 はじめから死ぬつもりだったんだろ?
わざわざ屋上を選んだ以上、最終手段は飛び降り以外ない」


と、足を踏ん張りながら言葉を搾り出した。

「さすが瀬崎さんだ―――」
 
亮介は唇に笑みを浮かべると、右肘をぐっとパラペットの上に押し上げる。
 
瀬崎がほっと胸を撫で下ろし、左手でそれを掴もうとした瞬間―――。

「でも・・・・・・・」

にゅっと現れた亮介の右手には、拳銃が握られていたのだ。

「僕の勝ちだ」
 
亮介はそう言って、自分のこめかみに銃口を突きつけると―――。

歪んだ唇のまま、おもむろに引き金を引いたのである。


<第14章 粉雪( 25 )につづく>



スポンサーサイト



▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

この記事のトラックバックURL

http://imagina.blog115.fc2.com/tb.php/165-021e6427

コメント

よかった~♪
奈緒さん、おはようございます(^-^)ノ

今日のUPはすこし遅めだったのですね~♪
昨日たっぷり楽しませて頂いたので、今日はお休みかとおもって…でももしかして…ともう一度伺うとヽ(*^。^*)ノワーイ
お忙しい所、どうもありがとうございますv-343
特に今は山場のハラハラする緊迫した場面!
1日でも早く続きが拝見したくなるのが人情です~(笑)
でもくれぐれとご無理はなさらないでください(*゚∀゚*)σファブィ!
メリークリスマス!
メリークリスマス!v-255

し、しかし毎日更新すごい・・・。
応援ポチだけしていくつもりだったんですけど、
更新記事もしっかり今読んでしまいました。

きゃあ~もういかなきゃ。
メリークリスマス!

すごいですね、緊迫する場面です。
一体瀬崎さんはどうなっちゃうんでしょう?><

ストーリーとは関係無しに、同じモノ書きとしてちょっと意見がありまして。
なんとかなんとか”――”
このダッシュは、余韻を持たせたい時に使うことが多いです。
あまり多用しすぎるとよろしくない場合がございますので、ちょっと気をつけてみてください。あとは……といった三点リーダも同じですね。

ただ、奈緒さんの作風ですのでそれはそれで宜しいと思います。読んでいて違和感は感じませんし><

以上、失礼しました~><
それでは応援ポチっと。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
みぃち様・ナッツ様・霧の中のあなた様・美肌コスメを求めて♪あり様
みぃち様
今回はちょっと長くなってしまって、半分にしようか迷いつつも書き上げたのでアップいたしました。
本当は今日ミステリー編を終わらせたかったんですけど・・・・間に合いませんでした(笑)
みぃちさんも、お体と食べすぎ(笑)には気をつけてくださいね~。
応援ありがとうございます。

ナッツ様
読んでいただいてありがとうございます。
ナッツ様こそ毎日子育て大変だとおもいます^^
たまには息抜きしないとですね^^
応援ありがとうございます^^

霧の中のあなた様
ご指摘ありがとうございます。
ええ、ちょっと多様してる感はいなめませんね^^;
縦書きで原稿を書いている時は、ほとんどありません。
横書きに変換してブログアップ時に付け足しています。
どうしても、横書きは行が多くなると見難くなる傾向がありますので、
テンポ良くするために付け足している感じでしょうか。
もうちょっと減らしてみてもいいかな~と私自身思っていたところです^^
応援ありがとうございます。

美肌コスメを求めて♪あり様
読んでいただいてありがとうございます^^
またお時間があるときにでもおいでくださいませ^^
応援ありがとうございます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
メリークリスマあー! っと日付け変わっとる! 無念。
卒論がひと段落したので一気読みさせていただきました。
瀬崎は亮介を救うことはできませんでしたか。いやまだどうなるか……。無理かなあ。

あ、それと素敵な画像での紹介ありがとうございます。
感動しました。
S&Gのことをすっかり忘れておりました(笑)ので、
ヒマな時に登場させようと思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
銀河系一朗様・タンスにゴンザレス様
銀河系一朗様
ご指摘ありがとうございます。
ちょっとよみにくかったですね^^
寝る前に直させていただいたので、コメントが遅れてしまってすみません~。
また、よろしくおねがいします~。
応援ポチありがとうございます。

タンスにゴンザレス様
メリークリスマー。
S&Gは、私のほうで画像に追記させていただきました(笑)
イヌと少女というふうにお願いしたので、Gがちょっとイメージと違うと思いますがご勘弁を(笑)
応援ファヴィありがとうございます。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントをプレビューする?

Template Designed by DW99

フィードメーター - i 「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! track feed