FC2ブログ

お知らせとお詫び

当サイト管理人について

はじめまして、omuと申すものです。当サイトの画像の作成を担当していました。

さて、管理人の慧神奈緒ですが、心無い者の手によって、現在更新が出来ない状況下に置かれているようです。
焼け出されて一命は取りとめたという話を、人づてに耳にしましたが、詳しい話はまだよくわかっていません。 いずれ、本人の口から語られる日がくることを願っていますが、今のところそれがいつになるのかも不明です。
とりあえず、不定期にサイトを確認させていただいて、スパムコメントの整理だけを行わせていただきます。
作品を読んで下さっている方には、管理人に代わってお詫びさせていただきます。

敬具

第15章 君の名は(5)

第15章 君の名は( 5 )


「う・・・・・」
 
バチバチッ―――。

ノイズ混じりの電子音と共に、体中を痛みが突き抜ける。

頭の上の街灯が明滅を繰り返しながら、目の前の風景を断片的に照らし出す。

そして―――。

私は落ちてきたのだ。

正確に言うと・・・・・・・。

落ちる感覚と共に、私は一つに繋がったのである。




「ここは?」
 
私はそう言って、思わず口を閉じた。

そう。私は今、大通り沿いのコンビ二に向かう途中である。

ところが―――。

私には・・・・・・。

早坂に太ももを撃たれ、マンション屋上から落下しているという"もう一つの記憶"があるのだ。

ついさっきまで寮で紅白を見ていたという記憶と・・・・・・屋上で早坂と二人、瀬崎を待っていたという記憶が、同じタイムテーブルの上に並んでいるのである。

私は混乱した―――。

一方は目の前の現実と符合し、一方は大きく食い違っている。
 
―――あなたならどちらを信じる? どちらを否定する?

絵里香の日記に書かれていた言葉が脳裏をよぎる。
 
そして―――。

「・・・・・・どうしたの?」
 
耳に当てていた携帯電話から聞こえてきた声に、更に混乱したのである。

「君は・・・・・・絵里香」



2002年12月24日

恋人達が、本来の意味などお構いなしに肩を寄せ合う―――。

クリスマスイブの出来事だった。


<第15章 君の名は( 6 )につづく>



スポンサーサイト



▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

この記事のトラックバックURL

http://imagina.blog115.fc2.com/tb.php/173-9be6ecfe

コメント

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げまする。

お、早坂に撃たれて2002年のクリスマスイブの自分に落ちてきて合体したのか。すごい話ですね。そして絵里香の声。
新年早々、続きが気になる。
ポチッと。
いきなり壮絶ストーリーですね。つまり何らかの(雷?)での体が合体?
時代がかわってる?

次回が気になりますね。

遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

次回に期待と応援ポッチと
おお!
奈緒さん、こんばんは(^-^)ノ

わ~い!お正月はお休みかと思ってましたが、もしかして…とお伺いすると…。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノワーイ!
おおおお!やっぱりあの男は!ってええ?!
この15章からファンタジー要素がとはこういう展開だったのですね~♪
続きを楽しみにしてますo(^o^)o ワクワク
新年のご挨拶&応援は前のコメントでやっちゃったので、また後ほどいつもの時間にお伺いさせていただきますね(^^)v
銀河系一朗様・Mr.様・みぃち様
銀河系一朗様
あけましておめでとうございます。
完全な合体というわけではありませんけど、過去の自分に現代の記憶が宿ったというのが、一番イメージ的にはあっているかもですね。
もう少し混乱する主人公のシーンがつづきます^^
応援ポチありがとうございます。

Mr.様
あけましておめでとうございます。
ええ~この辺りにはやはりあっち側がかかわっているのかもしれませんね。
その説明のようなお話も、後々でてくるかも・・・・・。
応援ありがうございます。

みぃち
ええ、ちょっとみんなが夜遅くまで起きていたので、執筆を始める時間が遅くなってしまいました。
たぶん今夜も若干遅めの更新かも。
ええ、このシーンに起こる出来事で・・・・・・うう・・・いいたいけど・・・言えない(笑)
応援ファヴィありがとうございます。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントをプレビューする?

Template Designed by DW99

フィードメーター - i 「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! track feed