FC2ブログ

お知らせとお詫び

当サイト管理人について

はじめまして、omuと申すものです。当サイトの画像の作成を担当していました。

さて、管理人の慧神奈緒ですが、心無い者の手によって、現在更新が出来ない状況下に置かれているようです。
焼け出されて一命は取りとめたという話を、人づてに耳にしましたが、詳しい話はまだよくわかっていません。 いずれ、本人の口から語られる日がくることを願っていますが、今のところそれがいつになるのかも不明です。
とりあえず、不定期にサイトを確認させていただいて、スパムコメントの整理だけを行わせていただきます。
作品を読んで下さっている方には、管理人に代わってお詫びさせていただきます。

敬具

第15章 君の名は(14)

第15章 君の名は( 14 )


何処まで―――。
 
瀬崎にそう聞かれて私は言葉に詰まってしまった。

私が知っていることのほとんどは、未来―――。

早坂が瀬崎ひいろを殺してしまった先に続く未来のことなのである。
 
つまり、彼女達三人の口癖や絵里香の死。

内藤雄一という殺人者のことを、現時点の瀬崎が知る由も無い。

たとえ私の身に起こった全ての出来事を包み隠さず話したとしても、瀬崎のことである―――。

一笑にふすのが関の山であろう。

まずは私の方こそ、瀬崎が何処まで調べているのかを知る必要があったのである。




「それより・・・・・・」

散々考えた挙句に口を突いて出た言葉は、

「どうして俺達は助かったんです?」

病院で目覚めて以来、ずっと疑問に思っていたことだった。

看護士の戸塚に、一緒に運ばれてきた瀬崎ひいろも無事だったと聞かされた時、事件のことついても尋ねてみたのだが、結局要領を得る回答は得られなかったのである。

「ああ・・・・・」

そんなことかとでも、言いたげに瀬崎は背もたれに体重をかける。

「偶然、通りかかった女性が悲鳴を上げてね。付近の住民が通報してきたんだ。
 犯人はその場を逃げ出したものの、娘の証言もあってね・・・・・・結局すぐに捕まった」


「そうですか」
 
私は瀬崎の言葉に頷いたあと、

「じゃあ、早坂・・・・・・いえ、亮介は今―――」
 
と、付け加える。

「拘留され、取調べ中だ」
 
瀬崎はそう言って・・・・・・少しの間、目を伏せていた。

正直、複雑な心境なのであろう。

しばらくして、

「やはり、早坂が阿久津亮介なのか・・・・・・」
 
何かをかみ締めるように、何度も頷いた後―――。

瀬崎は、事件後の自分の足取りをゆっくりと語りだしたのだった。


<第15章 君の名は( 15 )につづく>



スポンサーサイト



▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

この記事のトラックバックURL

http://imagina.blog115.fc2.com/tb.php/182-8be8b7ee

コメント

むむ?!
奈緒さん、こんばんは('-^*)/

まず未来の話をする前に、瀬崎さんがどこまで知ってるかを知ることが先というあたりに…なんだか今後の展開の鍵が?!
普通だと勢い込んで未来の話を先にしそうですもんね~。
あ!そういえば瀬崎さんが未来では死んだ事は、その前に落ちていったので知らないのですね…。
もうすぐエンディングなのですかぁ~(;.;)
もっとずっと続いて欲しいです(>_<)σファブィ!
できました~!
入れるところ、間違ってました~v-402
緑のブログランキング奈緒さん8位、
私は現在165位だった~。
やり方教えてくれてありがとうございました~!

みなさんも、奈緒さんの応援ポチ忘れずに~!
読み終わってだと、おお~そうなったか~と小説にのめりこんで
忘れてしまうときがあるので
読む前に押すのがお勧めです!



う~ん気になる展開・・・。
過去話かそれとも未来か・・・。どっちも重要ですね。

彼らは運命を塗り替えることができるのか!!

応援ポッチと次回に期待
もうすぐ物語も終わりを迎えるようですね。
8章くらいの所から読ませていただきました。

時間軸が違うんですね、納得しました。読解力が足りなくてすみません><

どう転ぶか物語最大の山場ですね。明日の更新を楽しみにしてます!
応援ポチもしていきます。

そうそう、アクセスが最近急激にアップしてらっしゃるようですが、どこか有名な所で取り上げられたんですか?(笑
一気に4桁行ってらっしゃるのでびっくりしましたよ。
では失礼><
本当、どうなるのか、早坂←阿久津は片付いたとして、
次に内藤はどうなるのか。
そしてあちら側からの干渉はどこに表れるのか?

ポチッと。
みぃち様・ナッツ様・Mr.様・霧の中のあなた様・銀河系一朗様
みぃち様
ええ、未来の主人公は自分が"仁"であることさえ知りませんでした。
あの、よく分からなかった水に落ちるシーンは、記憶下のイメージで、彼が記憶を取り戻したことを暗示していたのです・・・・・・凄くわかりくかったかもしれませんが・・・・・・。
あとで、もうちょっとわかりやすく構成しなおさないとかもですね・・・・。
あとちょっと、最後までお付き合い願えるとうれしい限りです。
応援ポチット。

ナッツ様
ランキングボタン成功おめでとうございます^^
そして、ランキング応援感謝です。
ランキングはあくまで、集客をあげるためと割り切っていますが、順位が上がるとうれしいですよね^^
今見たら、結構子育てのランキングは熾烈で・・・・・・。
上位に行くのは凄く大変そうですね(汗)
応援ポチありがとうございます。

Mr.様
とりあえずはこの物語は、2003年で完結する構成になっています。
ですので、もう未来の話になることはありませんが、主人公による一連の推察シーンである程度、流れが解明される・・・・はずです。
応援ポチありがとうございます。

霧の中のあなた様
アクセス数が跳ね上がっているのは、多分何かの組織のネットワークを介してアクセスしている人がいるからではないかな~とおもってるんですよね。
もしくは検索サイトなどのロボットがリンク経由でアクセスしてきているのか。
実際アクセス解析では以前と変わらず100から200のユニークアクセスですから。
いつも読んでいただいてありがとうございます。

銀河系一朗様
ふふふふ。
そこなんですよね~。基本的には、こうなるだろうな~とにおわせつつ。
物語は終わる予定なんです。
あっち側の干渉の意味は明かされますが、詳しい組織の概要は、またいずれ、次の連載小説「i」にて語られる予定です。
私が、ペンを置かなければ(笑)
応援ポチありがとうございます。
 慧神奈緒様
何時も驚異的アクセスでびっくりしてます!けいしんと読むのですか?長編小説で本格的ですね。いろんな機能もあり面白かったです。又訪問します。
不思議な不正義様
ご訪問ありがとうございます。
慧神(えがみ)と読みます^^
確か平家物語に慧恵法師という登場人物がいて・・・・・。
それが頭に残っていために、つけたペンネームだったと記憶しています。
またお時間があればおいでくださいね^^
(えがみ)と読むのですか。難しかったです。平家物語は本棚にほこりをかぶっている状態で、今思うと読んでおけばと思いました。長編小説は大変な苦労ですね!頑張ってください。
応援ありがとうございます。

何とか最後までがんばっていこうとおもいます^^

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントをプレビューする?

Template Designed by DW99

フィードメーター - i 「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! track feed