FC2ブログ

お知らせとお詫び

当サイト管理人について

はじめまして、omuと申すものです。当サイトの画像の作成を担当していました。

さて、管理人の慧神奈緒ですが、心無い者の手によって、現在更新が出来ない状況下に置かれているようです。
焼け出されて一命は取りとめたという話を、人づてに耳にしましたが、詳しい話はまだよくわかっていません。 いずれ、本人の口から語られる日がくることを願っていますが、今のところそれがいつになるのかも不明です。
とりあえず、不定期にサイトを確認させていただいて、スパムコメントの整理だけを行わせていただきます。
作品を読んで下さっている方には、管理人に代わってお詫びさせていただきます。

敬具

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

第3章 崩壊(1)

第3章 崩壊( 1 )


体の傷はもうすっかり癒えていた。

「飲酒運転。神父の暴走」と世間を騒がせたあの事故も、今ではどのマスコミも取り上げることはなくなっていた。
 
めまぐるしく変わりゆくこの世界で、他人の死など世間はすぐに忘れ去っていく。

悲しい表情でニュースを読んでいたキャスターが、次の瞬間には笑顔で明るい話題をふりまいている。

君島絵里香はいたたまれない気持ちで、テレビを消して部屋を飛び出した。

しばらくして絵里香は小さな公園のベンチに座っていた。

喧騒から離れたこの静かな場所を絵里香は気に入っていた。

いつもは素通りしていたこの公園が特別な場所になったのは彼のおかげだった。

「あなたと初めて出合ったのもここだった」
 
絵里香はいつも彼が座っていた場所に向け、ポツリと呟く。

放たれた言葉が誰の心にも届くことなく空気に混じって消える。

私は失ってしまった・・・・。

いつまでも続くと思っていたありふれた、それでいて幸せな日常。

そう。まるであの日のように・・・・。

養父母に手を引かれて振り返った教会。
笑い声が消えた砂場。

一番大切な物はいつも突然この世界から消えて無くなってしまう。

あの少し鼻にかかった声も、不器用な微笑みも、もう見つけることが出来ないのね。
細い指先が、やわらかな唇が触れるあの幸せな瞬間も永遠に失われてしまったのね。

・・・・会いたい。

 
彼女は涙がこぼれそうになって、目頭を軽く押さえながら空を見上げた。

肌に差すやさしい木漏れ日でさえ、今は彼女を傷つけているように見える。

そのまま揺れる木々を彼女は見つめていた。

・・・・ただ、ぼんやりと。

どこからか聞こえる笑い声が彼女をより一層悲しくさせたのだった。

「あははは。超うける」

「でしょ。あ、そうだ。これ、知ってる?」

「え、なになに?」

「この間メル友から聞いた話なんだけどね」

「メル友からってとこがあやしいよね」

「じゃー教えなーい」

「えー気になるじゃん。教えてよー」

「しょうがないなぁー。誰にも内緒だよ」

「うん。約束は出来ないけどね。あはは」

「もう・・・・。ま、いいか。その子の友達がね、自殺しちゃった子と携帯で話したんだって」

「はあ?どういうこと。自殺しちゃったら話せないじゃん」

「なんかね、死んじゃった人と五分間だけ話す方法があるんだって」
 
彼女の瞳は焦点を取り戻し、あたりを見回し・・・・そして次の瞬間はじかれたように駆け出したのだった。

そんな非現実的なことなんて在るはず無い。と、頭のどこかで考えながら、それでも彼女は止まれない。

長い髪を振り乱し、一心不乱に声のするほうへと。

声・・・・この声はどこから?

「マジ?嘘くさくない?それ都市伝説?」

「まあ、信じるかどうかはあなた次第ですって感じ?」
 
・・・・いた。あの二人組みだ。
 
絵里香は前を歩く二人組みの女子高生に駆け寄って、その肩を強く掴んだのだった。

<第3章 崩壊( 2 )につづく>



スポンサーサイト
▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

この記事のトラックバックURL

http://imagina.blog115.fc2.com/tb.php/23-01dbc0f9

コメント

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントをプレビューする?

Template Designed by DW99

フィードメーター - i 「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! track feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。