FC2ブログ

お知らせとお詫び

当サイト管理人について

はじめまして、omuと申すものです。当サイトの画像の作成を担当していました。

さて、管理人の慧神奈緒ですが、心無い者の手によって、現在更新が出来ない状況下に置かれているようです。
焼け出されて一命は取りとめたという話を、人づてに耳にしましたが、詳しい話はまだよくわかっていません。 いずれ、本人の口から語られる日がくることを願っていますが、今のところそれがいつになるのかも不明です。
とりあえず、不定期にサイトを確認させていただいて、スパムコメントの整理だけを行わせていただきます。
作品を読んで下さっている方には、管理人に代わってお詫びさせていただきます。

敬具

第4章 別れ(7)

第4章 別れ( 7 )

阿久津亮介の横顔は苦痛に満ちていた。

君島絵里香の死は彼にとって予想外であったのだ。

この街で偶然見つけた絵里香は美しかった・・・・。

再会した時、彼女は亮介に気付かなかったようだが、それでもよかった。


彼は昔から絵里香のことが好きだった。

家族のように育ったあの頃の記憶がぼんやりと浮かんでは消える。

しかし、彼は自分の思いを伝える事をしなかった。

・・・・いや、出来なかったのである。

そして彼は決めたのだ。彼女を影ながら見守っていこうと。

だが・・・・。

彼女は死んでしまった。

彼女の口からあの男の名前を聞いた時、亮介はそれを制した。

しかし彼女は止まることができなかたったのだ。
 
そして・・・・。

大切なものはまたもや、あの男の手によって摘み取られたのである。

最も憎むべき者の手によって。


彼女の死は再び彼の狂気に火を灯す。

阿久津亮介の怒りに満ちた瞳は、暗闇の中でただ一点を見つめていた。


<第5章 流星( 1 )につづく>



スポンサーサイト



▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

この記事のトラックバックURL

http://imagina.blog115.fc2.com/tb.php/40-f91b524c

コメント

やっと追いつきました★

阿久津亮介・・これからどうするんだろ・・・
続きが気になりますね、なんだかどんどん奈緒サンの作品にはまっていきます。。。止まらなくなりますね♪

でわ、また来ます★ぽちっと。。
鳳鈴桜華様
ずいぶんと早くおいつかれちゃいました^^

なるべく早く完結できるように励みたいと思います^^

ランキングありがとうございます^^
今日はこの辺で
まだ話の全体がつかめないけど、面白いです。
きりのいいところまできたのでポチとして帰ります。

マイニュース
今週書いたものを結末が気に入らずアップしてません

それではまた

銀河系一朗様
ご返事遅くなりました。

読んでくれてありがとうございます。

まだまだ長いお話になりそうですが、どうぞよろしくお願いします。
今日はここまでで
まだまだ謎が多い話ですね。

ここからどう繋がっていくのか楽しみにしながら追いかけてきます。
鯨様
読んでくださってありがとうございます~。

はい^^お時間があるときにでも、のんびりのぞいてくださいませ~^^
読みました
続きが気になりますね~^^

戦略のようですが、あまりに人物・時間軸の展開が細かく・・・
第何章(副題)のほかに、
誰それの、何処の場面、年代・・・など固定したサブタイトルを付けるともっと理解しやすくなるかもしれませんね。
でないと、読む方が疲れてしまい・・・ 逃げるかも(^_^;)失礼

私の場合、自身に見える景色や登場人物が着ているものなどもハッキリと見えていますので、サブタイトルのほかに場所や、年代をちょこっと書いておいたりします。
あっ、文章力は別としてです(笑)

それでは、また参ります。
lish様
読んでいただいてありがとうございます。

そうなんですよね~。
結構試験的な要素を多く盛り込んでいまして、あえて時系列の表記を省いています。
それが、読んで下さる方に混乱をもたらしてしまうのかもです(汗)

まだまだ、初稿で読みにくい点は多々あるとおもいますが、がんがん精進させていただきます。

コメントありがとうございました。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントをプレビューする?

Template Designed by DW99

フィードメーター - i 「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! track feed