FC2ブログ

お知らせとお詫び

当サイト管理人について

はじめまして、omuと申すものです。当サイトの画像の作成を担当していました。

さて、管理人の慧神奈緒ですが、心無い者の手によって、現在更新が出来ない状況下に置かれているようです。
焼け出されて一命は取りとめたという話を、人づてに耳にしましたが、詳しい話はまだよくわかっていません。 いずれ、本人の口から語られる日がくることを願っていますが、今のところそれがいつになるのかも不明です。
とりあえず、不定期にサイトを確認させていただいて、スパムコメントの整理だけを行わせていただきます。
作品を読んで下さっている方には、管理人に代わってお詫びさせていただきます。

敬具

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

第5章 流星(8)

第5章 流星( 8 )

瀬崎隆一郎と妻の美千代の間には子供が出来なかった。

事件にかまけてほったらかしにしていた妻がある日突然、養子をもらいたいと言い出したときには反対したものだ。

しかし、家で一人瀬崎の帰りを待つ妻の事を考えれば、それも仕方ないと思ったのも事実だった。

仕事仕事と家庭を顧みない生活をしてきた瀬崎は、後ろめたさもあったのだろう。

最終的には妻の希望を受け入れることにしたのだ。

当時八歳だったひいろを引き取る時、妻とした約束。

「タバコはやめて下さいね。この子が二十歳になるまでは生きていただかないと困ります」

ひいろを抱きうれしそうに微笑む美代子に、瀬崎は母としての顔を見つけたのだった。



結局、約束は永遠に果たせなくなってしまった・・・・。

瀬崎は自嘲気味に微笑んでから、

「さて、話を聞かせてもらおうか」
 
と、次のタバコに火をつけて早坂を見返す。

「たいしたことじゃないんですが・・・・。どうやら証拠品が紛失しているようなんです」

「ほう」
 
瀬崎はさして興味がないかのようにタバコをくゆらす。

「携帯電話がなくなっています」

「どの被害者の持ち物だ?」

「瀬崎ひいろ。娘さんのです」
 
瀬崎の手がピタリと止まる。

タバコの煙だけがゆっくりと空気を掻き分けるように昇っていく。

「中に重要な情報はあったのか?」

「いえ、アドレスは全てデータを取ってありますし、指紋等も採取済みですのでそれ自体に影響はないと思います」

「そうか・・・・・」
 
そういうと瀬崎は名残惜しそうにタバコをもみ消した。

「持ち出せる人物は二課以外だと?」

「鑑識の人間かもしれません」

「鑑識なら知り合いが多いな。・・・・少し調べてみる」

「分かりました。紛失の届けはまだひかえておきますので・・・・」
 
そういうと早坂は軽く会釈をしてもと来た廊下を戻っていった。

警察というのは不思議なところで、それぞれの管轄やそれぞれの部署どうしは大抵仲が悪い。瀬崎のように多くの部署に"ツテ"がある刑事は珍しいだろう。

早坂仁も、二課に配属される以前にしばらく瀬崎の下で行動を共にしたことがあった。

次のタバコを口にくわえた瀬崎の脳裏に、ふと君島絵里香の顔が浮かんだ。

以前にどこかで会ったような気がする・・・・・。

初めて絵里香に会った時、彼女は白衣に身を包んでいたが・・・・その時そう感じたのを思い出したのだ。

瀬崎はしばらく自分の頭の中を探るようにしていたのだが、

「思い出せないものを探しても仕方ない。こういうものは何かきっかけでもない限り思い出せないものかもな・・・・
 
と、自分に言い聞かせるように呟いてから立ち上がったのだった。

<第6章 衝動( 1 )につづく>



スポンサーサイト
▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

この記事のトラックバックURL

http://imagina.blog115.fc2.com/tb.php/50-4fcbe13b

コメント

お★5章終了ですね☆
瀬崎さん・・・なかなか辛い人生をおくっていらっしゃったのですね~~

6章からどういうふうに物語が進んでいくのか、楽しみです!!

カスタマイズのほうありがとうございました!!

でわ、また来ます♪ぽちっと
鳳鈴桜華様
ある意味、瀬崎さんは主人公といっても過言ではないくらい・・・・・

おっと^^それは先のおたのしみで^^

またちょっとnewマークの色の変え方を鳳鈴桜華様のサイトにかいておきました^^

お暇なときにみてくださいね^^
ヘビースモーカーの瀬崎さん
 おはようございます。
 遅くなりました。実家は大丈夫でした。ありがとうございます。
 数年前に鬼瓦が一箇所吹っ飛んだ事があったので、台風通過後は必ず行って見るようにしているのです。
 瀬崎さん、よくお吸いになられます。口から離れませんね。それになかなか人間くさい役どころを演じておられます(笑)
 感動的なシーンを与えてもらえるのか? ラストは男前に仕立ててもらえるのかな? 期待しております。
 逆切れ? しますよ。年に一回あるかないか、そんなものです。めったにないので、するときはデカイですよ(笑)
 ポチです。おやすみなさい。
 
 
紗羅の木様
ご実家がご無事でなによりです^^
瓦の葺き替えは結構費用がかかりますものね・・・・。

瀬崎さんがタバコをたくさん吸うのは時代とは逆行しているようにおもえますが・・・・。
まあ、彼の場合はタバコをすう行為自体が「死んだ娘とのつながり」なのかなとも思います。

果たして感動のラストはあるのか?そこまで書き上げられるのか?

謎です!!

年1回といわず、ちょくちょく切れたほうが・・・・・爆発力がすくなくてすむのでは?w

ポチありがとです^^
こんばんは。

前から思ってたんですが奈緒さんのブログはディスプレイで読むことを意識されていて、とても見易いです。自分はあまり考えてないので……。

ポチッ
鯨様
ちょっと、小説自体が、複雑な構成で面白みがかけていますので、せめて読みやすくしないと・・・・。
というのが始めの課題でした^^;
もし読みやすく仕上がっていましたら、少しは苦労が報われているのかもしれません^^;

ブログで書いた時に軽快で見安い参考はないかといろいろな小説を見たんですけど・・・・・。
中でも赤川次郎さんの小説が一番、ブログにした時読みやすそうに思えたので、随分文章構成を見習わせていただいています。

鯨様の小説を読ませていただきましたが、文章を短くまとめたり、行を空けてあったりと、工夫がされていたので、苦も無くスラスラと読めました^^
まだまだ、初心者の私が言うのもなんですけど^^;

どうぞ今後ともよろしくおねがいします^^

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントをプレビューする?

Template Designed by DW99

フィードメーター - i 「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! track feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。