FC2ブログ

お知らせとお詫び

当サイト管理人について

はじめまして、omuと申すものです。当サイトの画像の作成を担当していました。

さて、管理人の慧神奈緒ですが、心無い者の手によって、現在更新が出来ない状況下に置かれているようです。
焼け出されて一命は取りとめたという話を、人づてに耳にしましたが、詳しい話はまだよくわかっていません。 いずれ、本人の口から語られる日がくることを願っていますが、今のところそれがいつになるのかも不明です。
とりあえず、不定期にサイトを確認させていただいて、スパムコメントの整理だけを行わせていただきます。
作品を読んで下さっている方には、管理人に代わってお詫びさせていただきます。

敬具

第7章 運命(5)

第7章 運命( 5 )


結城は神父に自分の中にある全てを打ち明けることにした。

神に対する疑問も・・・・・。

その仕打ちに対する怒りも・・・・・・。


暗い告解室で神父は静かにこう告げる。

「神は決して汝の疑問も迷いも怒りも責める事はしないでしょう。
なぜなら、神は汝のありのまま全てを受け入れておられるからです。
時として怒りも生きる支えとなりましょう。
何かあればいつでも私を頼りなさい。
汝の道を作ることは叶わないながらも、せめてその道を照らす月明かりとなりましょう」


その言葉は結城が心から欲していたものだった。

長い長い暗闇を抜け・・・・・・さっと差し込んだ光。

結城は全てを悟ったのである。

神はあえて我が問いに答えず、我が怒りをとがめる事なく、ただその大きな御手で包んでくれていたのだ・・・・・・と。

そして・・・・・・。

そして、決意したのだ。

許されざる者への裁きを。

怒りを胸の中心に据え、結城は立ち上がった。

解き放たれた気分で教会のドアを開けると・・・・・・

明るい日差しがまるで自分を祝福しているかのようである。

すがすがしい風が運ぶ優しい香り・・・・・。

――この香り・・・・・前にもどこかで。

結城がその香りの記憶に心を移していると・・・・・・。

一人の女性が彼の横をすり抜けて教会に入っていく。
 
どうやらその香りはこの女性からであるようで、結城は閉じていくドアの隙間から彼女の後姿を見送った。

女性は神父を見かけると、

「お久しぶりですね。パパ先先」
 
と、声をかける。

振り返ろうとした神父の横顔がちらりと見えた時、ドアは静かに閉じたのである。

結城はその状況になんとなく後ろ髪を引かれる思いではあったものの、すぐにその場を後にした。

鼻腔をくすぐった、香りの記憶を思い出せないままに・・・・・・・。
 
それから数日後。

結城は許されざる者の名を知ることになったのである。





暗い部屋の中でなおも結城は自問自答を繰り返す。


――何もかも済んだ今でも、何一つ終わらせることができない。

悲しみが・・・・・・消えない。

本当にこれでよかったのだろうか。

・・・・・・いや、もう考えるのはやめよう。
 
そして私と同じ苦しみを味わった人々に告げよう。

たとえその苦しみを終わらせることが出来なかったとしても・・・・・・。

その悲しみを癒すことが出来ないとしても・・・・・・。

それが俺ができる唯一の贖罪――。



結城は揺れ動く心を押さえつけるように、受話器を手に取ったのだった。


<第7章 運命( 6 )につづく>



スポンサーサイト



▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

この記事のトラックバックURL

http://imagina.blog115.fc2.com/tb.php/65-5ac974b7

コメント

昨日は丁寧に解説していただいてありがとうございました。
今日はなにやらすごい展開の予感が。。
まさか、その香りの女性が犯人???
いよいよ楽しみです、ポチッ。
許されざる者…まさかこの女性が…?
いや、そういう展開を予想する読者の想像できないところを突いたり?
いや、しかし…いや…いy(強制終了)
昨日はこれなかったですが、今回前回あわせて見ました!!何でしょうね?その香りとは?伏線の予感がぷんぷんするぜ!!!次回に期待!!ぽっちっとな!!
通り過ぎた彼女と結城さん、そして、許されざるものの関係とは・・・
なんなのだろう??
彼女は犯人さん??それとも犯人を知る誰か重要人物、トカ??

つづき楽しみにしてます!!

ぽちぽちっ★
銀河系一朗様・龍伯様・Mr.様・鳳鈴桜華 様
銀河系一朗様
ええ。そろそろ空白だったピースが一つ目の答えに向かっていきそうです。
女性はいったい誰!?

龍伯様
いらっしゃいませ。
リンクありがとうございます^^
いずれ紹介ページを作成させていただきますね^^
香りって結構、記憶として強く残る物だと思うんです。
いずれそれも解るかと^^

Mr.様
そう汲み取っていただけると・・・・書いたかいがあったというものです^^
そろそろいろいろと解ってくることが多くなってきます^^

鳳鈴桜華 様
許されざる者・・・結城はどうやってそれを知ったのでしょう。
物語を解く鍵となるかもしれませんね^^

みなさんいつも読んでいただいてありがとうございます^^
応援感謝しております。
 こんばんは。
 泥舟に乗るのですか? ひどいな(笑)
 幼少期にリンクされて行く感じがありますね。
 「書き換え」とどうつながるのかな?
 こちらも更新、まだです。のんびりしてます。
 おやすみなさい。ポチ。
紗羅の木様
ふふふふふ。
でも・・・・・・泥舟くらい危ういですよ!?完結するのか・・・・・。

書き換え・・・・たぶんエンディング付近で解明されるかも・・・・。

今日は結構苦戦しました・・・・。更新

1時間ぐらいは画面の前で固まってました^^;

ポチいつもありがとうございます^^

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントをプレビューする?

Template Designed by DW99

フィードメーター - i 「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! track feed