FC2ブログ

お知らせとお詫び

当サイト管理人について

はじめまして、omuと申すものです。当サイトの画像の作成を担当していました。

さて、管理人の慧神奈緒ですが、心無い者の手によって、現在更新が出来ない状況下に置かれているようです。
焼け出されて一命は取りとめたという話を、人づてに耳にしましたが、詳しい話はまだよくわかっていません。 いずれ、本人の口から語られる日がくることを願っていますが、今のところそれがいつになるのかも不明です。
とりあえず、不定期にサイトを確認させていただいて、スパムコメントの整理だけを行わせていただきます。
作品を読んで下さっている方には、管理人に代わってお詫びさせていただきます。

敬具

第9章 追跡者(2)

第9章 追跡者( 2 )

早坂は受話器をおいた。

結城克己か・・・・・・。

過去の捜査で何度か顔を合わせている。

温厚な性格でとても人に危害を加える人物ではないというのが初見の印象であった。
 
もちろん人はえてして幾つもの顔を持っているもの・・・・・。

刑事という仕事をしていれば否応なしにそれを思い知らされるのである。
 
人は誰しもふとしたきっかけで犯罪者になり得るのだ。

早坂は瀬崎の行動パターンと幾つかの可能性を考えながら席を立つ。

周りをじっくり固めてから犯人を追い込む―――。

瀬崎が最も好んで使いそうな手法。

先刻の電話の内容からして、接触を図るのは早くても結城の帰宅時だろうと早坂は判断したのだ。

絵里香の死は五年前の事件に何か係わっているかもしれん・・・・・・。

――瀬崎の勘が正しければ・・・・・・最悪の場合それでは間に合わない可能性があるな。

この時間なら結城は職場だろうか・・・・・・。


早坂は腕時計を見てから上着を羽織り―――。

万が一のことを考え、拳銃の用意を始めたのだった。


<第9章 追跡者( 3 )につづく>



スポンサーサイト



▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

この記事のトラックバックURL

http://imagina.blog115.fc2.com/tb.php/78-7835ce21

コメント

後輩早坂が、先輩瀬崎の動きを推理して動くというは
面白いパターンですね。

リアルの警察は熟練刑事が若手刑事にノウハウを教える
間がなく退職して、捜査力の低下が言われてますね。
今夜もうひとつですか、待ってまーす。ポチッと。
 こんばんは。
 うーん、奈緒さんが、すごくじらす!
 いつも消化不良で、客を帰すなって、コラ!
 でも、お互いほころびが出ないように気をつけましょう(笑)
 公開しちゃったら少々の修正はいいけど、あまりにも重要な要素は途中で割り込ませるわけにも行かないし。ミスを補うためにまた文が長くなったりして(笑) わたしがなりそう・・・。
 おやすみなさい。ポチ、です。
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
銀河系一朗様・紗羅の木様
銀河系一朗様
早坂は瀬崎と行動を共にしたことがあるが故、ですね^^
絵里香との初対面でどうやらキャリア組みということなので、かなり優秀なのかもしれません。
小説中は出すか出さないかは微妙ですけど、裏設定で早坂の伯父は、瀬崎の元上司だったというのがあって、捜査のイロハを小さい頃から早坂は叩き込まれていたもしくは、かなり昔から瀬崎と交流があった可能性があります。

私は叔父が警察官ということもあり、時々小耳に挟んだりしますが・・・・・。
まあ、どこもいろいろと大変そうです^^
この間なんか、署内の監視カメラがブルーレイ録画機器になって、どうやって録画するのか不思議がってましたw
ポチありがとうございます。

紗羅の木様
あうw
でもじらさないと・・・・・・というより、いろいろな人に動いてもらわないといけないので、どうしても場面を切り替えないと^^;

なかなか穴がないようにというのは難しいですよね^^;
私のは多分穴だらけかもですw

そうならないようにお互いがんばりましょ^^
ポチありがとです。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントをプレビューする?

Template Designed by DW99

フィードメーター - i 「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! track feed