FC2ブログ

お知らせとお詫び

当サイト管理人について

はじめまして、omuと申すものです。当サイトの画像の作成を担当していました。

さて、管理人の慧神奈緒ですが、心無い者の手によって、現在更新が出来ない状況下に置かれているようです。
焼け出されて一命は取りとめたという話を、人づてに耳にしましたが、詳しい話はまだよくわかっていません。 いずれ、本人の口から語られる日がくることを願っていますが、今のところそれがいつになるのかも不明です。
とりあえず、不定期にサイトを確認させていただいて、スパムコメントの整理だけを行わせていただきます。
作品を読んで下さっている方には、管理人に代わってお詫びさせていただきます。

敬具

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

第10章 事実と真実(1)

第10章 事実と真実( 1 )

けたたましいサイレン。

走り去って行く救急車の赤色灯を、瀬崎隆一郎はじっと見つめていた。

教会は後から到着した捜査員達と、騒ぎを聞きつけて集まってきた野次馬達でごった返している。

中には瀬崎の姿を見て、携帯で写真を取ろうとする輩まで・・・・・・。

―――まったくこの国は。

イライラと、タバコを取りだした瀬崎は、

「まあ・・・・・・これじゃ仕方がないか」

と、独り言を呟いた。

瀬崎の白いコートは、血で真っ赤に染まっていたのだ。



一発目の銃声が教会内部に響き渡ったのは―――。

真っ先に駆けつけた救急隊員が、結城克己を救急車両に搬入した直後だった。
 
そして・・・・・。

立て続けに数発の銃声。
 
瀬崎達が到着した時には、その状況を飲み込めない救急隊員があたふたとしていたのである。

彼らの話を聞いた瀬崎は、まず結城の搬送と追加の救急車両を指示し―――。

それから教会の中へと足を進めたのだった。

薄暗い廊下を瀬崎は慎重に進んでいく。

長いコンクリート打ち放しの回廊の突き当たり―――。

ドアがひとつ半開きになっている。

少しの影も室内に入りこまないように、壁側に体を寄せ中を窺がう瀬崎。

人の動く気配は感じられない。

拳銃を所持している葛西に指で指示を出して、反対側のドアの縁に移動させ―――。

瀬崎はそうっと室内に手を伸ばして、パチッと蛍光灯のスイッチを入れた。
 
葛西に合図を出し、一斉に部屋の中に押し入ると・・・・・・。

そこは硝煙と鉄サビの匂いに満ちていた。

葛西は思わず腕で鼻を覆う。

真っ赤な液体が狭い床一面に広がっている。

その出所は・・・・・・。

床に転がっている二人の人間からであった。

部屋の奥側・・・・・・壁を背にして倒れている人物に瀬崎は見覚えがなかった。

そして―――床にうつぶせに倒れているのは・・・・・・。

瀬崎は思わず駆け寄る。

「早坂!!」
 
抱き起こされる早坂。

ガチャリという音を立て、床に滑り落ちる拳銃。

そして―――。

まるでそれを追いかけるように・・・・・・。

力ない指先から赤い血液が滴り堕ちたのだった。


<第10章 事実と真実( 2 )につづく>



スポンサーサイト
▼ランキングに参加しています。
ランキング用人気ブログランキングBブログランキング・にほんブログ村へ
▲ポチポチっと応援お願いします。

この記事のトラックバックURL

http://imagina.blog115.fc2.com/tb.php/88-3039254a

コメント

日本の警察官はよほどの事態でないと、先制発砲できなさそうだから、
最初の銃声は内藤ですか、うん、海外で射撃の訓練を積んでたということか。

ポチッと。
気になり展開は今回もwww読者には、毒のはいった・・・いえ、スルーです。
拳銃ですか・・・警察の拳銃は殺傷能力の低いものですが、当たるとこに当たれば
しぬでしょうな、期待と応援ぽっちと
銀河系一朗様・Mr.様
銀河系一朗様
ええ。警察官は発砲出来たとしても、はじめは上に向けて威嚇射撃をする程度だとおもいます。
ですので、始めの1発は威嚇射撃の可能性もあるかもですね^^
応援ありがとうございます^^

Mr.様
ええ^^狭い室内ですからかなりの至近距離だったと思われます。
だから・・・・かなり危険ですね^^
応援ポチありがとうございます。
 こんばんは。
 早坂が犠牲になったのか。助かるのか?
 もう一人は、誰なの、内藤じゃなかったりしないよね。
 それとも、内藤もいい加減で悪運がつきたか?
 奈緒さんの深読みが移ったかも(笑)
 おやすみなさい。ポチ、です。
うひょお、早坂さんが……まさか。
ファブィーン。

ストーリーと関係ないですが、
「滴り堕ちた」の「堕ちた」の表現が好きだったりします。
紗羅の木様・タンスにゴンザレス様
紗羅の木様

ええ。。。私の深読みはいつも検討はずれです(笑)
まあ。どんな悪人もいづれ悪運は尽きますから。
内藤もいよいよ年貢の納め時?かもしれません。
もしかしたら日曜日に仕事のお休みをとれるかもしれません。

ところで、この間おっしゃっていた"相談"土曜日にしていただければ、日曜日に検討できるかもしれません。
記事に書き込むのが嫌なようでしたら、右カラムに掲示板がありますのでそちらにでも^^
もしそれが嫌なようでしたら、隠しコメントでもくださいませ。

ちなみに、掲示板は「別画面表示」ボタンを押すと大きいバージョンが開きますので^^

ポチありがとうございます。

タンスにゴンザレス様
どうでしょう。
結構意外な展開だったのではないでしょうか・・・・・。
そうでもなかったですか?(笑)

「堕ちた」の使用は100%私の好みで出来ておりますw

ファブィーンありがとうございます^^

コメントする


管理者にだけ表示を許可する


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントをプレビューする?

Template Designed by DW99

フィードメーター - i 「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! track feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。